お客様の健康生活と夢実現を応援します
お客様の健康生活と夢実現を応援します
お客様の健康生活と夢実現を応援します
今月の遊和ひと言置き

涼しくなり、秋の到来を感じます。

最も疲れを感じる季節といえば夏バテ、夏の終わりでしたが、現在は疲労が長く回復せず、秋バテと呼ばれ、爽快な秋の季節が疲れの季節になったようです。

疲れが慢性的に続くことで心配になるのは、免疫力が落ちることですね。

 

コロナでワクチン、マスク、自粛が推奨されたここ2年は、免疫力が落ちている人が多く、帯状疱疹が激増しているといわれています。

帯状疱疹は、監視役の免疫細胞の働きが落ちているときに、子供の頃に住み着いた水疱瘡のウイルスが、唾液や体表に出てきた症状です。

 

帯状疱疹は水疱が帯状にできて、チクチク痛いのですが、水疱が消えても痛みが続く場合があるのがやっかいなところです。

また、帯状疱疹になった場合、ウイルス感染やガンを攻撃するNK細胞などの働きが落ちていると考えられます。

 

NK細胞は、笑う、前向きに考える、体を温める、腸内環境をよくする、メリハリのある生活をすることで働きが高まります。

帯状疱疹、口内炎、のど痛を繰り返すなど免疫低下のSOSが出たら、NK細胞の働きを高める生活を意識しましょう。